日なたの部屋
*
日なたの部屋 > 芸能 > 【そりゃそうだ】とと姉18% 時間変更で最低

【そりゃそうだ】とと姉18% 時間変更で最低

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合午前7時45分)の6日の平均視聴率が18・0%(関東地区)だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。

この日は広島平和祈念式典があり、放送時間がいつもの午前8時より繰り上がって午前7時45分からとなった。そのため、開始以来2度目の20%以下の18・0%となった。これまでは、7月7日の19・4%が最低だった。最高は7月20日の回で、花山伊佐次(唐沢寿明)が、新しい雑誌の目玉企画について娘の散髪している格好を見て「直線裁ち」の着想を得たという内容で25・3%を記録した。

6日の回は、花山の「簡単にできる小麦粉料理」という企画と、常子が考えた「ホットケーキ」という2つが合わさって次号の目玉企画が決まった。ホットケーキの作り方について、文章で説明した手順にしたがって水谷(伊藤淳史)に作ってもらうと、ホットケーキでも焼き方がカチカチになったり、半分生だったりする。花山は手順を文章だけでなく、写真をふんだんに使って説明することを提案する。料理の分解写真という画期的なアイデアだった。

これで料理が苦手な人も、簡単にホットケーキが作れる。「あなたの暮らし」は爆発的にヒットした、という回だった。